メンズ

記帳業務の負担を減らすために記帳代行を頼もう

今までの作業を効率化

会社員

新たなマネージメント方法

ここ数年のSNSやデジタルメディアの普及にともない、マーケティングの新たなマネージメント方法が行われている。マーケティングのオートメーションを、日本でも新たなキャンペーンマネージメント方法として、取り入れる企業が増えている。海外では、既にマーケティングに欠かせないものとされており、アメリカの主要な大学でも、マーケティングオートメーションに関する特別講座が行われているのだ。欧米の各企業の成功事例に続けと、取り入れ始める日本企業が後を絶たず、実際に取り入れて間もなく、成功事例が見られる企業も少なくない。オートメーションと言われてもピンとこない方も多いかもしれない。実際にはどの様なものなのだろうか。オートメーションとは、一言でいえば従来のマーケティングを自動化することである。自動化で何が変わるかというと、マーケティングターゲットの限定という作業に必要なコストと時間が大幅に削減できるのだ。オートメーションは、元々営業組織で推進されていたものだが、これをマーケティングにも取り入れたのである。このおかげで、ウェブ上の訪問者の分析やキャンペーン管理、レポート作成など、手間と時間が掛かっていた作業が効率化され、新たなビジネスを発掘する事例が増えている。マーケティングオートメーションを行うことにより、作業の効率化だけでなく、商談数の増加や売り上げアップも期待できるだろう。取り入れる前に実際の成功事例を見てみれば、その効果の高さを理解できるはずだ。