女の人

記帳業務の負担を減らすために記帳代行を頼もう

記帳業務の負担軽減

レディ

外注するメリットは

どのような会社においても事業を行っていくためには、日々のお金の流れを記録する記帳業務が必要です。記帳業務を正しく行うことで事業が利益を生み出しているのかを知ることができますし、また正しい税金の申告にも役立てることができます。しかし、記帳業務は負担が大きいもので、専門の経理部門を置けないような場合や経理部門があっても担当者が少ないといった場合には、アシストとして記帳代行サービスを利用するというのも手段です。記帳代行サービスは会社から提供される伝票や銀行通帳などの経理データを会計ソフトなどにデジタルデータとして記帳するというものです。今まで経理業務の外注といえば税理士などに依頼するといったイメージがありますが、これは記帳と税金の関係が強かったためです。記帳代行の特徴としては、あくまでも与えられたデータを会計ソフトに入力するだけの業務で、税理士が行うような税金に関するアドバイスは行いません。そのぶん税理士を雇うよりも、また経理担当者を置くよりも記帳代行を使う方が費用が安くなります。現在の会計ソフトは指示に従い入力するだけで税務申告に必要な損益計算書、賃借対照表、総勘定元帳、仕訳日記帳などの資料を簡単に出力できます。また税理士にコンサルタントを受けるにしてもこれらのデータは必須ですから、毎日の経理の流れを記録し続けることが重要で、その上での記帳代行を使うというのは大きなメリットがあります。

営業プロセスの可視化

SFAの導入は営業日報・週報・月報などレポートの入力作業軽減、レポートをデータ化し共有することで無駄をなくし、個人アプローチから組織的な営業を行うサポートをします。「今」動いている商談を見える化することで受注率をあげ業績を向上、経営を改善していきます。

今までの作業を効率化

旧来、膨大な人手とコストをかけて行われていたマーケティングの一部を自動化する、マーケティングオートメーションを取り入れる企業が増えている。新たな方法で業務を効率化し、商談数の増加や売り上げアップなどの成功事例が見受けられる。

情報収集が目的ではない

顧客管理システムを導入するには、ゴールとなる目的の設定が必要になります。単に情報収集のツールでは何も意味をなさないのです。何をアウトプットするのかを明確にすることが大事なポイントになるのです。顧客を知るためのシステムなのです。